遠山記念館

遠山邸-緑の中の重厚と典雅
美術館-優雅さと静寂
遠山記念館のオリエント美術 2019年7月13日(土)〜9月1日(日)

インフォメーション

2019年9月10月のイベント案内を掲載しました!

特別展「古筆招来」開催記念茶会 10月13日(日)

特別展「古筆招来」関連講演会
「高野切・寸松庵色紙の分析と推定復元」9月22日(日)、「茶掛けとしての古筆の誕生」10月14日(月・祝)

2019.8.17


次回開催の展覧会の情報を掲載しました!

特別展「古筆招来 高野切・寸松庵色紙・石山切」

2019.7.13


「遠山記念館だより 第56号」を掲載しました!

2019.3.23


「旧遠山家住宅重要文化財指定記念シンポジウム」のお知らせ

2018.10.8


旧遠山家住宅は、国の重要文化財に指定されました!

2018.8.17


美術館の展示室が4月1日 リニューアルオープンいたします!

2018.3.21


「遠山記念館 友の会」が発足いたします!

2018.3.21


ミュージアムグッズを追加掲載しました!

ミュージアムグッズに「雛屋次郎左衛門 立雛箋」一筆箋と「古今雛」クリアファイルを追加しました。


一覧はこちら

庭園&邸宅情報

庭園の風景

令和改元から気づけば二ヶ月もたち、暦も七月に変りました。 遠山記念館の庭は、紫陽花から蓮へとバトンタッチとなり、蓮の茎が伸びてきました。 今年の夏は、「遠山記念館のオリエント美術」を開催します。
エジプトの「供養碑」をよく見ると、人々が手に蓮の茎によく似たものをもっているのですが、じつはこちらは水面に花を咲かせる「睡蓮」なんだそうです。 蓮の見ごろの間に、みなさまのご来館をたまわれればと存じます。


2019年度 遠山邸2階の特別公開日のお知らせ

秋の公開日:9月28日(土)、10月26日(土)、11月16日(土)
 公開時間:午前11時から午後3時まで

邸宅ガイド

月3回の土曜日にはボランティア、また毎週日曜日には午後1時から学芸員による案内があります。

開催中の展覧会

遠山記念館のオリエント美術

2019年7月13日(土)〜9月1日(日)

「オリエント」、この言葉は「日が昇る方角」を意味するラテン語に由来します。古代のローマ人たちは、太陽が昇ってくる東方の世界をこう呼んでいました。チグリス川とユーフラテス川にはさまれたメソポタミア、またナイル川流域のエジプトでは、古代文化が発達しました。今回は当館のオリエント美術の優品をご覧いただきます(子ども向けワークシートもあります)

詳細はこちら



次回開催の展覧会

特別展「古筆招来 高野切・寸松庵色紙・石山切」

2019年9月14日(土)〜10月20日(日)

平安時代の仮名の名筆が室町時代に茶室の床飾りに使われるようになり、その後江戸時代を経て、近代の経済界の数寄者からも愛好されました。高野切、寸松庵色紙、石山切の3種の古筆はその中でも人気の高かった貴重な名筆です。本展は館外から重要文化財を含む3種の連れを招来して行う、初めての古筆展覧会になります。

詳細はこちら





暮らしと建築の美 過去に開催した〈遠山邸研究会〉

投扇興を楽しむ会 毎月の投扇興を楽しむ会は大変ご好評を頂いております。どなたでも、ご参加いただけます!

イベントのご紹介 様々なイベントや、セミナーを開催しております。

遠山記念館のfacebookページ

〈情報誌〉遠山記念館だより

〈友の会〉遠山記念館友の会

SMBC日興証券