遠山記念館

遠山記念館トップ>展覧会情報

次回開催の展覧会

コレクション名品選1
黒田清輝「裸婦習作」と近代絵画

2018年5月19日(土)〜7月1日(日)

「裸婦 習作」黒田清輝(慶応2年-大正13年)制作年:明治21-22年頃 カンヴァス、油彩 79.1×61.2cm

1

昨年6月、黒田清輝の油彩画「裸婦習作」の修復が完了しました。アトリエの裸婦を描いたこの習作は、黒田がフランスでラファエル・コランに師事し、木炭画から油彩画へと進むことを許された1888年(明治21)1月以降、一年半前後のうちに描かれたものと考えられています。黒田が洋画家として立つまでの道程を垣間見ることができる貴重な作品ですが、傷みが激しく、画面も不鮮明で鑑賞に支障を来すレベルでした。付着した汚れの除去を主とした今回の修復を経て、本来の暖かみのある明るい色彩がよみがえり、外光派の特徴が鮮明に現れた画面となりました。この“ 復活した裸婦像 ”のお披露目をメインに、菱田春草「秋野」、横山大観「耀八紘(はっこうにかがやく)」、速水御舟「牡丹」、安田靫彦「風神雷神」など、当館が所蔵する日本の近代絵画から優品を選りすぐって展観いたします。


入館料:大人 700円(団体20人以上560円)
    学生500円(団体20人以上400円)
    中学生以下は無料


【主な出品作品】

1.「裸婦 習作」黒田清輝(慶応2年-大正13年)制作年:明治21-22年頃 カンヴァス、油彩 79.1×61.2cm
2.「秋野」 菱田春草(明治7-明治44) 制作年:明治32年 絹本著色 112.8×50.0cm
3.「牡丹」速水御舟(明治27-昭和10)制作年:大正15年9月  絹本著色 37.1×49.2cm
4.「風神雷神」(雷神)安田靫彦(明治17-昭和53) 制作年:昭和4年 2曲1双 紙本著色 177.1×190.4cm
5.「風神雷神」(風神)安田靫彦(明治17-昭和53) 制作年:昭和4年 2曲1双 紙本著色 177.1×190.4cm
6.「耀八紘(はっこうにかがやく)」横山大観(明治1-昭和33) 制作年:昭和17年 紙本著色 70.8×99.2cm

「秋野」 菱田春草

2

  • 「牡丹」速水御舟(明治27-昭和10)制作年:大正15年9月  絹本著色 37.1×49.2cm

    3

  • 「耀八紘(はっこうにかがやく)」横山大観(明治1-昭和33) 制作年:昭和17年 紙本著色 70.8×99.2cm

    6

  • 「風神雷神」(雷神)安田靫彦(明治17-昭和53) 制作年:昭和4年 2曲1双 紙本著色 177.1×190.4cm

    4

  • 「風神雷神」(風神)安田靫彦(明治17-昭和53) 制作年:昭和4年 2曲1双 紙本著色 177.1×190.4cm

    5

次回開催の展覧会

展覧会年間スケジュール(PDF)