遠山記念館

遠山記念館トップ>イベント案内

イベント案内



手回し蓄音機によるSPレコード鑑賞会 Part 24

レトロな空間で、ノスタルジックな音楽を

和風建築の技術の粋を集めて昭和初期に建てられた、遠山邸の大広間で、SPレコードの鑑賞会 Part24を行います。SPレコードは、かつて音楽を記録する唯一のメディアとして一世を風靡しましたが、やがてLPレコードの出現によって姿を消しました。しかしながら、SPレコードでしか聴くことのできない演奏があります。貴重な記録の中から、クラシック曲や童謡・唱歌などを聴く予定です。電気を一切使わず再生されるノスタルジックな音をお楽しみください。
なお、ご自宅に、SPレコードをお持ちの方は、当日お持ち頂ければ、飛び入り再生も受け付けます。

このイベントは終了しました。

■開催日時 :2019年5月3日(金・祝) 13:30〜14:30
■会場   :遠山邸中棟大広間
■定員   :先着50名様まで
■参加費  :入館料のみ
■お問合わせ:049-297-0007
■お申込み :予約は必要ありません。当日直接お越し下さい。



土曜講座「遠山記念館の名物茶入」

徳川家伝来の大名物「文琳茶入 銘 玉垣」
松平不昧ゆかりの中興名物「瓢箪茶入 銘 閏」など、遠山記念館で所蔵する名物茶入について、その歴史的背景から ご紹介いたします。

このイベントは終了しました。

■開催日時:2019年4月20日(土) 13:30〜15:00
■会場  :事務棟地下会議室
■定員  :80名(事前予約不要)
■担当  :依田徹(当館学芸課長)
■参加費 :300円(別途入館料)



「旧遠山家住宅 重要文化財指定記念 シンポジウム」のお知らせ

近代和風建築を代表する遠山邸の奥深い魅力を知っていただくために、美術および建築専門家による講演会と討議の会を内容とするシンポジウムを、下記の日時、場所にて開催します。
西洋美術史の大家で、文化財保護についても詳しい高階秀爾先生をはじめ、一昨年に旧遠山家住宅を建築調査して、詳細な報告書を作成された宗本順三氏、 矢ヶ崎善太郎氏、小出祐子氏による講演になります。近代和風建築の学術的な内容を、一般の方にも分かりやすく語っていただきます。入場無料です。

このイベントは終了しました。

日 時:2019年4月28日(日) 13:30〜16:40
場 所:川越ウエスタ多目的ホールABC(川越駅西口徒歩5分。川越市新宿町1-17-17)
人 数:200名(事前申込不要)
参加費:無料
講 演:
小出祐子(大阪芸術大学非常勤講師)
  「近代和風建築の精華-旧遠山家住宅とは-」
矢ヶ崎善太郎(京都工芸繊維大学准教授)
  「遠山邸にみる近代数寄屋の意匠と大工の技」
高階秀爾(大原美術館館長・東京大学名誉教授)
  「文化財建造物保存・活用の歴史と理念」
討 議 宗本順三(京都大学名誉教授)司会


また、午後のシンポジウムに参加していただく前の午前中に、実際に遠山邸(旧遠山家住宅)を見てみたいと思われる方々のために、川越駅西口ウエスタ前出発で、遠山邸を案内付きで1時間ほど見学し、川越へ戻るバスツアーを用意いたしました。路線バス往復代と入館料の料金より500円お得です。

集合場所:東武東上線・JR川越線 川越駅西口徒歩5分 ウエスタ川越前
集合時間:午前9:40(4月28日)10時バス出発
参加人数:45名(要事前申込)
参加費 :1,000円(バス代、入館料込み)

バスツアーの受付は終了しました。

■お問合わせ、お申込み

メール:tkkk@e-kinenkan.com
電話:049-297-0007



国指定重要文化財の茶室でお抹茶を 

桜の花びらが舞う庭園の中、国指定重要文化財の茶室でお茶会を行います。
堅苦しいお作法は一切いりません。
参加御希望の方は、当日現地でお申し込み下さい。

このイベントは終了しました。

■開催日 :2019年3月31日(日)
■開催時間:11:00〜15:00
■場所:離れ茶室
■主催:縁喜庵 佐藤宗雲・佐藤宗紅両氏
■参加費:500円(入館料700円が別途かかります)
※参加ご希望の方は、当日現地でお申し込み下さい。

お茶会の様子



「遠山記念館 雛祭りの茶会」

第3回「遠山記念館 雛祭りの茶会」を開催いたします。普段は公開されていない遠山邸中棟2階の数寄屋座敷をつかった、雛祭りにちなんだ趣向のお茶会です。今回は改元を記念し、皇室に関連した貴重な道具をお出しする予定です。2階には数寄屋座敷の他に、洋間の応接室と寝室がもうけられており、呈茶の後にこちらのお部屋もご見学いただけます。

このイベントは終了しました。

■開催日:2019年3月3日(日)
■開催時間:11:00〜(第1席)、11:40〜(第2席)、13:00〜(第3席)、13:40〜(第4席)、14:20〜(第5席)、15:00〜(第6席) 
■会場:遠山邸中棟2階 数寄屋座敷
■担当:依田徹(当館学芸課長)
■参加費:1,000円(別途入館料)
■募集人数:各回20名
■主催:公益財団法人 遠山記念館

■お問合わせ、お申込み

電話もしくはメールで2019年1月8日(火)より予約を受付けます。
電話:049-297-0007、メール:tkkk@e-kinenkan.com
定員に満たなかった場合は、当日のご参加も受付けます。



記念講演会「遠山記念館の琳派作品」

当館館長が琳派の歴史について講演致します。

このイベントは終了しました。

■開催日:2019年2月24日(日)
■開催時間:13:30〜
■講師:鈴木廣之(当館館長)
■参加費:300円(別途入館料)

■お問合わせ、お申込み

電話もしくはメールで2019年1月8日(火)より予約を受付けます。
電話:049-297-0007、メール:tkkk@e-kinenkan.com
当日のご参加も受付けます。



「琳派と雛」展ガイドツアー

「琳派の日」「雛の日」各一回ずつ開催

このイベントは終了しました。

■開催日:2019年2月23日(土)、3月2日(土)
■開催時間:13:30〜
■所要時間:約1時間30分

・2月23日(土)「琳派の日」
担当学芸員が、美術館に展示されている琳派作品を中心に解説。その後、遠山邸をご案内致します。
・3月2日(土)「雛の日」
担当学芸員が、美術館に展示されている雛人形を中心に解説。その後、遠山邸をご案内致します。

事前の申し込むは不要です。いずれも所要時間は約90分



重要文化財の茶室でお抹茶を

秋の気配が増す庭園の中、重要文化財の茶室でお茶会を行います。
堅苦しいお作法は一切いりません。
参加御希望の方は、当日現地でお申し込み下さい。

このイベントは終了しました。

■開催日 :2018年9月17日(月・祝)
■開催時間:11:00〜15:00
■場所:離れ茶室
■主催:縁喜庵 佐藤宗雲・佐藤宗紅両氏
■参加費:500円(入館料700円が別途かかります)
※参加ご希望の方は、当日現地でお申し込み下さい。

お茶会の様子



「端午の節句茶会」 2018年5月6日(日)

遠山邸の端午の節句飾りに合わせ「遠山記念館 端午の節句茶会」を開催致します。普段は公開していない遠山邸の2階、数寄屋座敷で行います。2階は本座敷の他、洋間の応接室や寝室が設けられており、呈茶の後、こちらのお部屋もご見学いただけます。
お申し込み:電話もしくはメールで予約受付中。
定員に満たなかった場合は、当日のご参加も受付けます。

このイベントは終了しました。

■開催日時:2018年5月6日(日)
 11:00〜(第1席)、11:40〜(第2席)、13:00〜(第3席)
 13:40〜(第4席)、14:20〜(第5席)、15:00〜(第6席)
■定員:各回とも25名様(先着順)
■会場:遠山邸 中棟 2階座敷
■席料:1,000円(別途入館料)
■呈茶:埼玉県表千家青年部
■担当:依田徹(当館学芸課長)

■お問合わせ、お申込み

メール:tkkk@e-kinenkan.com
電話:049-297-0007



手回し蓄音機によるSPレコード鑑賞会 Part 22

レトロな空間で、ノスタルジックな音楽を

和風建築の技術の粋を集めて昭和初期に建てられた、遠山邸の大広間で、今ではほとんど忘れ去られてしまったSPレコードの鑑賞会パート22を行います。SPレコードは、エジソンが蝋管式のレコードを発明してから、大量生産に向く円盤型になって、音楽を記録する唯一のメディアとして一世を風靡しましたが、割れやすく、記録できる音域も時間も限られ、やがてLPレコードの出現によって姿を消しました。しかしながら、当時の名演奏家・名指揮者の演奏は、SPレコードでしか聴くことはできません。貴重な記録の中から、クラシック曲からはテノールのエンリコ・カルーソーなど伝説的な歌手の歌声や童謡・唱歌などを聴く予定です。電気を一切使わず再生されるノスタルジックな音をお楽しみください。
なお、ご自宅に、SPレコードをお持ちの方は、当日お持ち頂ければ、飛び入り再生も受け付けます。

このイベントは終了しました。

■開催日時 :2018年5月4日(金・祝) 13:30〜14:30
■参加費  :入館料のみ
■募集人数 :先着50名様まで
■場所   :本館大広間
■お問合わせ:049-297-0007
■お申込み :予約は必要ありません。当日直接お越し下さい。



登録文化財のお席で一服いかがですか?

桜花から若葉萌え出る季節へ、いよいよ春たけなわを迎える遠山邸にて、お抹茶(薄茶)をお召し上がりいただけます。今回は、二日間にわたってお茶会が開かれ、それぞれ普段非公開の座敷と離れの茶室が会場となります。堅苦しいお作法は一切いりません。参加御希望の方は、当日、各々の呈茶席受付でお申し込み下さい。いずれも席料は500円(別途入館料)です。お菓子がなくなり次第終了する場合がございます。

このイベントは終了しました。

■開催1:
2018年4月7日(土) 10:00〜15:00
場所:遠山邸中棟2階座敷
主催:川越茶友会

■開催2:
2018年4月8日(日) 11:00〜15:00
場所:離れ茶室
主催:縁喜庵 佐藤宗雲・佐藤宗紅両氏

■参加費:500円(入館料700円が別途かかります)
※参加ご希望の方は、当日現地でお申し込み下さい。




4月8日には「投扇興を楽しむ会」も開催します。11時〜12時・14時〜15時
どなたでも参加可能です。

2階座敷からの庭の眺め

2階座敷からの庭の眺め

離れ茶室

離れ茶室



手回し蓄音機によるSPレコード鑑賞会 Part 21

レトロな空間で、ノスタルジックな音楽を

和風建築の技術の粋を集めて昭和初期に建てられた、遠山邸の大広間で、今ではほとんど忘れ去られてしまったSPレコードの鑑賞会パート21を行います。SPレコードは、エジソンが蝋管式のレコードを発明してから、大量生産に向く円盤型になって、音楽を記録する唯一のメディアとして一世を風靡しましたが、割れやすく、記録できる音域も時間も限られ、やがてLPレコードの出現によって姿を消しました。しかしながら、当時の名演奏家・名指揮者の演奏は、SPレコードでしか聴くことはできません。貴重な記録の中から、クラシック曲からはテノールのエンリコ・カルーソーなど伝説的な歌手の歌声や童謡・唱歌などを聴く予定です。電気を一切使わず再生されるノスタルジックな音をお楽しみください。
なお、ご自宅に、SPレコードをお持ちの方は、当日お持ち頂ければ、飛び入り再生も受け付けます。

このイベントは終了しました。

■開催日時 :2017年11月3日(日) 13:30〜14:30
■参加費  :入館料のみ
■募集人数 :先着50名様まで
■場所   :遠山邸大広間
■お問合わせ:049-297-0007
■お申込み :予約は必要ありません。当日直接お越し下さい。



登録文化財の茶室でお抹茶を

秋風が心地よい季節になりました。毎年恒例の登録文化財の茶室でお茶会を行います。
堅苦しいお作法は一切いりません。一服¥500です。
参加御希望の方は、当日現地でお申し込み下さい。

主催は、縁喜庵 佐藤宗雲・佐藤宗紅両氏。

このイベントは終了しました。

■開催日 :2017年10月22日(日)
■開催時間:11:00〜15:00
■参加費 :500円(入館料700円が別途かかります)
※参加ご希望の方は、当日現地でお申し込み下さい。

お茶会の様子



ゆかたの着つけ教室 2017年6月4日(日)

日本建築の遠山邸の二階でゆかたを着て、和の文化にふれてみませんか。自分で着つけができたら、ゆかたのおしゃれはもっと身近になります。初心者の着つけと帯結びをご紹介します。ゆかたを着て遠山邸内を散策してお楽しみいただけます。ご参加をお待ちしております。

このイベントは終了しました。

■開催日 :2016年6月4日(日)13:00〜
■募集人数:10名(先着順)
■締切日 :2016年6月1日(木)
■場所  :遠山邸内
■参加費 :入館料のみ

■お問合わせ、お申込み

電話:049-297-0007(お電話にてご予約ください。)
※ゆかたはこちらで用意いたします。詳しくは、当館へお問い合わせください。

ゆかたの着つけ教室風景写真

ゆかたの着つけ教室風景写真



お座敷美術講座・涼感を誘う、長板中形

長板中形とは、江戸時代から伝わる型染の技法の一種。染法は、型紙を使い防染糊を木綿の生地の両面に置いて、藍に浸染することにより模様を表しています。講座では、この高度な技術をご紹介いたし、長板中形の青と白の美しさをご覧ください。

このイベントは終了しました。

■開催日 :2017年5月27日(土)13:00〜
■会場  :遠山邸二階座敷  ■参加費 :300円(別途入館料)
■定員  :20名(先着順)
■お申込み:電話 049-297-0007

紗綾地貝合わせ模様着尺(部分)

紗綾地貝合わせ模様着尺(部分)



手回し蓄音機によるSPレコード鑑賞会 Part 20

レトロな空間で、ノスタルジックな音楽を

和風建築の技術の粋を集めて昭和初期に建てられた、遠山邸の大広間で、今ではほとんど忘れ去られてしまったSPレコードの鑑賞会パート20を行います。SPレコードは、エジソンが蝋管式のレコードを発明してから、大量生産に向く円盤型になって、音楽を記録する唯一のメディアとして一世を風靡しましたが、割れやすく、記録できる音域も時間も限られ、やがてLPレコードの出現によって姿を消しました。しかしながら、当時の名演奏家・名指揮者の演奏は、SPレコードでしか聴くことはできません。貴重な記録の中から、クラシック曲からはテノールのエンリコ・カルーソーなど伝説的な歌手の歌声や童謡・唱歌などを聴く予定です。電気を一切使わず再生されるノスタルジックな音をお楽しみください。
なお、ご自宅に、SPレコードをお持ちの方は、当日お持ち頂ければ、飛び入り再生も受け付けます。

このイベントは終了しました。

■開催日時 :2017年5月3日(水・祝) 13:30〜14:30
■参加費  :入館料のみ
■募集人数 :先着50名様まで
■場所   :遠山邸大広間
■お問合わせ:049-297-0007
■お申込み :予約は必要ありません。当日直接お越し下さい。



登録文化財の茶室でお抹茶を

風薫る庭園の中、登録文化財の茶室でお茶会を行います。
堅苦しいお作法は一切いりません。

主催は、縁喜庵 佐藤宗雲・佐藤宗紅両氏。

このイベントは終了しました。

■開催日 :2017年4月30日(日)
■開催時間:11:00〜15:00
■参加費 :500円(入館料700円が別途かかります)
※参加ご希望の方は、当日現地でお申し込み下さい。

お茶会の様子



「暮らしと建築の美-遠山邸研究会」 のご案内

第14回 講演会 2017年4月15日(土)13:30〜

講師 京都工芸繊維大学准教授 矢ヶ崎 善太郎 氏
題 「遠山邸の技と意匠」

数寄屋建築研究の第一人者である矢ヶ崎氏に、遠山邸の書院、数寄屋、茶室の各座敷に見られる個性的な意匠と、それを作り出した匠の技について語っていただきます。矢ヶ崎氏は、昨年に5度にわたる遠山邸の建築調査に参加され、数寄屋を中心に調査図面を引かれて、部屋ごとの大切な要素を読み説かれました。柱、壁、天井、床から生みだされる和空間の秘密を紹介してくださいます。

このイベントは終了しました。

■開催日時:2017年4月15日(土)13:30〜
■講座料 :300円(別に入館料700円が必要です)
■募集人数:定員80名(先着順)
※講演後(15時予定)に、遠山邸をご案内いたします。

■お問合わせ、お申込み

メール:tkkk@e-kinenkan.com
電話:049-297-0007

西棟茶室



「遠山記念館 雛祭りの茶会」

第二回「遠山記念館 雛祭りの茶会」を開催致します。普段は公開していない遠山邸の2階の数寄屋座敷で、桃の節句にちなんだ趣向で薄茶をお点て致します。2階は本座敷の他、洋間の応接室や寝室が設けられており、呈茶の後にご見学いただけます。

このイベントは終了しました。

■開催日 :2017年3月5日(日)
■開催時間:11:00〜(第一席)、11:40〜(第二席)、13:00〜(第三席)、13:40分〜(第四席)、14:20〜(第五席)、15:00〜(第六席)
■会場  :遠山邸中棟2階 座敷
■担当  :依田徹(当館学芸員)
■参加費 :1,000円(別途入館料)
■募集人数:各回25名

■お問合わせ、お申込み

メール:arai@e-kinenkan.com
電話:049-297-0007
※定員に満たなかった場合は、当日のご参加も受付けます。

遠山邸中棟2階 座敷



「雛祭りの日」ガイドツアー

担当学芸員が「雛の世界」展と「遠山邸」を解説します。
(所要時間は、約1時間30分です)


このイベントは終了しました。

■開催日 :2017年2月25日(土)、2月26日(日)、2月28日(火)〜3月3日(金)
■開催時間:13:30



ご当地グルメとコラボレーション!

古今雛 遠山邸2階での特別展示と郷土料理 呉汁を楽しむ会

担当学芸員による「雛の世界」展及び普段非公開の2階を含めた遠山邸の解説の後、送迎バスで移動し、地元川島町の郷土料理「呉汁」を召し上がっていただく企画です。
また遠山邸の2階では「古今雛」(江戸時代後期 高さ70cm)を間近でご鑑賞いただく機会も設けました。ご希望の方はお食事の後、再び記念館にお帰りいただき、自由見学やお抹茶・お菓子などをお楽しみいただくこともできます。

このイベントは終了しました。

■開催日時:2017年2月18日(土) 11:30〜
■参加費 :2,500円(入館料、飲食代込み)
■募集人数:先着20名様まで

■お問合わせ、お申込み

メール:arai@e-kinenkan.com
電話:049-297-0007

古今雛(江戸時代後期)

「かわじま呉汁」



お座敷美術講座・特別編「茶席で見よう!寸松庵色紙」

これまで7回行って参りましたお座敷美術講座ですが、今回は新春展「酉と縁起物」にあわせ、梅香る離れ茶室にて呈茶を楽しみながら重要文化財の伝紀貫之筆「寸松庵色紙」をご鑑賞いただく特別編です。寒中に春の兆しを感じていただけたらと思います。ふるってご参加ください。(*気象条件により他の作品に変更する場合がございます。)

このイベントは終了しました。

■開催日 :2017年1月29日(日)
■開催時間:第1回 12:20〜、第2回 13:20頃〜、第3回 14:20頃〜(集合は各々20分前)
■定員  :各回7名(先着順)
■参加費 :1500円(別途入館料)
■担当  :井上則子(当館学芸員)
■お申込み:電話 049-297-0007またはメール(inoue@e-kinenkan.com)

寸松庵色紙