遠山記念館

遠山記念館トップ>次回開催の展覧会

次回開催の展覧会

春季館蔵名品選 

2019年4月2日(火)〜5月6日(月・祝)

遠山記念館は、昭和45年(1970)の開館以来、貴重な文化財の収集・保管に務めてきました。本展では館蔵の名品の中から、弘法大師筆と伝えられる重要美術品「法華経普賢菩薩勧発品」、岡本秋暉の秀作「桜花雉子図」、古代中国の銅器「饕餮文尊」を中心に展示します。また併せて開館後に寄贈を受けた遠山元一ゆかりの作品を紹介いたします。
尚、4月17日(水)〜5月6日(月・祝)、遠山邸の大広間では、遠山家の端午の節句飾りをご覧いただけます。


入館料:大人 700円(団体20人以上560円)
    学生500円(団体20人以上400円)
    中学生以下は無料


【主な出品作品】

①重要美術品 伝弘法大師「法華経普賢菩薩勧発品」
②岡本秋暉「桜花雉子図」
③紫地藤扇模様単衣
④夔龍文斝
など


①重要美術品 伝弘法大師「法華経普賢菩薩勧発品」

  • ②岡本秋暉「桜花雉子図」

  • ③紫地藤扇模様単衣

  • ④夔龍文斝