遠山記念館

遠山記念館トップ>次回開催の展覧会

次回開催の展覧会

遠山記念館のオリエント美術 

2019年7月13日(土)〜9月1日(日)

昭和45年(1970)、初代館長に就任したのが、オリエント美術の研究者として知られた新規矩男でした。創設者である遠山元一も開館前後にオリエントの蒐集をはじめ、その中にはファラオをかたどった中王国時代の「王座像」、美しい彩色の残る新王国時代の「供養碑」など、優れた作品が含まれています。また遠山元一は、エジプトやイランで制作された、古代オリエントのガラス製品も蒐集しました。昨年度は東京理科大学の協力で蛍光X線調査を行っており、その学術研究の成果を併せて紹介いたします。


入館料:大人 700円(団体20人以上560円)
    学生500円(団体20人以上400円)
    中学生以下は無料


【主な出品作品】

①朱鷺像 エジプト前664-525年頃
②モザイク 牛の親子 床面装飾 シリア4-5世紀
③カットガラス円文様碗 イラン 6-7世紀
④王座像 エジプト 前22-前18世紀
⑤供養碑 エジプト前16-前11世紀
⑥子供を抱く女性像(地母神)キプロス 前1500年頃
など


  • 1.朱鷺像 エジプト前664-525年頃

  • 2.モザイク 牛の親子 床面装飾 シリア4-5世紀

  • 3.カットガラス円文様碗 イラン 6-7世紀

  • 4.王座像 エジプト 前22-18世紀 

  • 5.供養碑 エジプト前16-11世紀

  • 6.子供を抱く女性像(地母神)キプロス  紀元前1500年頃 

展覧会年間スケジュール(PDF)